時分割システムについて

時分割システムについて

不凍液をムダなく、最も有効的に循環させる省エネ電子制御システム
ステンレス配管を施した融雪スペースを2系統(または3系統)に分け、交互に数分ずつ温めた不凍液を循環させる仕組みで、コントローラーが自動的に切り替え作業を行います。
このシステムによって、画期的に少ない熱量でグレードを損なわず融雪。大幅に燃費を抑制することができます。
時分割システム
トリプル省エネで、燃費を大幅カット
優れた熱効率のステンレスパワーヒーティングに、省エネ効果バツグンのヒートポンプの組み合わせで、相乗効果により燃費を大幅に削減することが出来ます。
時分割システムをプラスすれば、燃費がさらに削減!
燃費カット
時分割システムイメージ1
・メルスノー1台+バックアップヒーター(2kw)
・時分割(2系統)
・65㎡
・熱量6,880kcal 1㎡あたり105.8kcal
時分割システムイメージ2
・メルスノー1台+バックアップヒーター(2kw)
・時分割(3系統)
・88㎡
・熱量6,880kcal 1㎡あたり78.2kcal

メディア掲載情報

北海道新聞2
【北海道新聞】
2012年(平成24年)9月21日(金)発行の北海道新聞で、
時分割システムが紹介されました。