雪庇対策

雪庇対策

雪庇(せっぴ)とは?

雪庇は、建物の屋根や屋上から壁より外側にせりだした雪の塊のことです。
これを放置すると、落下した雪庇が通行人に怪我をさせたり、建物の窓ガラスなどに損害を与える事故が起きてしまいます。

雪庇が出来る仕組み
雪庇防止は「雪庇カッター」にお任せ!
雪庇の発生防止は屋根の風下側で発生する、建物の下側へ巻き込む渦を建物から離すことが必要です。
雪庇カッターを設置いただくと、風向きが変わることで雪庇の成長を防止することが出来ます。

ご注意ください
・見積時は必ず現場調査が必要です。
・屋根の形状によっては取り付けできない場合があります。
・新築・増改築時ではなく、一冬越して実際の雪庇の状態を確認してからのご検討をお勧めいたします。
・雪庇発生は、気象条件や建物周辺の状況により異なります。
雪庇カッター
雪庇カッター取付イメージ